So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

風は昼さがりに

P1010842.JPG
家のまわりはとても静か どちらかというと年配の人たちが住んでいるので、外まわりはとっくにすませてある。窓なんてどの家もきれい!!! 同じ年配でもあたふたしているのは私ぐらいか?で掃除はもうあきらめて、今年は黒豆や小豆をもらったので昨日からせっせと(?)台所に立っている。ごまめに身欠きニシンに栗きんとんにぜんざいに・・・・作るのはいいが誰が食べる?という疑問ありだが、作りだすとこれが意外と止まらないのである。
つい最近、森口祥子さんが詩集『風は昼さがりに』を土曜美術出版販売から出された。森口さんは詩誌『青い階段』でご一緒させてもらってる先輩である。能ある鷹は爪をかくすタイプ。帯に一色さんが「森口さんはいつもひとり、考え込むようにじっと何かを見ている人だ。・・・・・その視線があまりにも優しいので、世界にはいつも穏やかな風が吹く。・・・』と書かれているが、そうそんな感じの人。でも結構ちゃめっけあるし、声が低いから一見孤独っぽく見えるだけかもしれない。それになにかも底なしっぽいし。詩集のタイトルになった詩を紹介します。

     風は昼さがりに
              森口祥子

 木漏れ日の中を
 風は静かに吹き抜けて行った
 果たされなかった約束のように

 もういいんだ と
 ひとり言をつぶやいて
 声が消えてゆくのを
 待った

 枯れ葉のように落ちてきた
 蝶が
 ぬかるみの上で
 黒い斑点のあるオレンジ色の翅を
 ばたつかせる

 リュックに付けた鈴を
 リズミカルに鳴らしながら
 二人連れが追い越してゆく

 こんにちわ と
 小さく呼びかけて
 声の行く方を見つめる

 燃え始めたばかりの
 ナナカマドの向こうに
 遠く ベイブリッジが見える

 立ちつくして
 私は今を肯定する

 林は風を待っている
nice!(0)  コメント(1) 

毛虫

P1010834.JPG
風邪をひいたり筋肉痛おこしたり、もたもたしてるうちに明日はもう大晦日になってしまった。今日のスーパーはさすが混んでた。かけ声につられて、ついつい余分なものまで買ってしまう。なんやかやで一日終わり、疲れ果てたと思ってたとき友人がマンゴーのケーキを作ってきてくれた(とたんに元気になったけど)。写真がそのケーキ。食べない前に写真とればいいのに、食べたあとで気がついて・・・・味も最高・・・かたちももっときれいだったのだけど、なにせやわらかいので、Kさんごめんなさい。ごちそうさまです。
楽しい詩をひとつ紹介します。誰でも一度や二度は経験あるのでは?私もはらはらしながら見てたことあります。まっすぐにというのがとてもいいです。
    
     毛虫
          福富健二

  毛虫が渡っている まっすぐに渡っている
  住みなれた庭からどこへ行くのか
  朝の日差しに包まれ 脇目もふらず
  毛虫が渡っている まっすぐに渡っている
  潰しそうになって いそいで歩幅をひろげる
  ひろげて行き過ぎる わたしの足元を毛虫は渡り続ける
  自転車が通り 幾人かの人がわたしを追い越して過ぎる
  振り返ると 毛虫はまだ渡っている
  舗装の道の中央を ようやく越えて 渡っている
  向かいの生垣を目指しているのか
  小さい黒い点 まっすぐに まっすぐに 渡っている
  通勤の人が また来る いそぎ足で来る
  そして 遠くからは 車が来ている
  車が一台 みるみる 近づいて来る
  毛虫に向かって ぐんぐん ぐんぐん 追って来る
  毛虫は渡っている まっすぐに まっすぐに
  朝の日差しに包まれ 脇目もふらず
  毛虫は渡っている まっすぐに渡っている

        詩集『ぼくは手紙を書く』から
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。